イギリス

e0081334_23385468.jpg

今日の本番は、英国三昧。

「ヘイ・ジュード」・・・最近ときどきオルガンで弾く。
中学の時、吹奏楽部がこの曲をずっと練習していたのを聴いていて知った曲。
名前もオリジナルも知らなかったけれど、なんていい曲なのかと思って忘れられない音楽となった。
そしてビートルズの曲のなかで日本人が一番好きだといわれている「レット・イット・ビー」・・・・
メロディーだけ追っていても、その印象的な歌詞が頭に響く不朽の名曲。今日急に思いついてピアノ譜のコピーだけ持って家を出た。アレンジを考えるヒマもオルガンで試す時間もなかったが、本番で弾きだしたらこの曲がオルガンに取り憑いたみたいに音楽が滑り出した。

今特に何かと話題のビートルズだが、残念ながら私はその音楽のごく僅かしか知らない。
が、誰もが知るメジャーな曲だけ聴いていてもその「唯一無二」の魅力と永遠性を感じることは容易い。
これからゆっくりちょっとずつ聴くことにしよう。

11月19日のマンドリン&チェンバロライブでは、そんな中から「A Day in the Life」をチョイス。
とっても不思議な一曲・・・どんなふうになるんだろう??
こちらもいよいよリハ開始!
[PR]
by saskia1217 | 2009-10-10 23:19 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)