お芋!!

以前、旧ブログのほうで、「茄子好き」という話をさんざんしましたが、今日はそれよりももっと好きなもののお話。

たしか、茄子は3位までの中に入る、と書いたんですが、1位はと言われれば、それはやっぱりこの写真の料理の原料です。
・・・・・なにこれ?
と言わずに、よく見てください。正確には、これは「真の姿」ではなく「変身後」ですが。

じゃがいも!!!
これは昨日のお昼ご飯に食べた、いわゆる「じゃがいも団子」。
南ドイツでKnoedelという代物です(ちなみに全国的にはKlossと呼びます)。まあ普通はKartoffelknoedel、つまり「じゃがいもの団子」のこと。生のじゃがいもを荒く擂り、丸く形づくって、お湯にいれ茹でて作ります。けっこう手間がかかる。普通はじゃがいもだけですが、他にもいろいろヴァリエーションがあって、その代表はSemmelknoedel。ドイツやオーストリアで朝食に出てくる、上に切り込み模様のついた丸いパン(Semmel=標準語ではBroetchen)、もともとは古くなったそのパンを荒く削って、上記の行程でじゃがいもに混ぜて、団子にしたもの。これはパンの色がちょっと出て、若干茶色っぽくなります。また、中心にジャムをいれた、甘いヴァージョンもあります。

実はこのお団子、本来は肉料理などの付け合わせとして活躍します。大きいものだと1つ、小さめだと2つくらいつくのが普通。私が今まで食べた中で一番大きかったのは、ヴュルツブルクの有名なワインケラー「ビュルガーシュピタル」でSchaeufeleという料理(豚の肩肉を塩漬けにしたもの。これもやはり典型的南ドイツ料理で、私も大好物でした)を食べたときのつけあわせ。直径12センチはありましたね。さすがに1個だけ。でも本当に美味しかった!

何でもそうですが、殆どの場合、同じ料理でもインスタントや半インスタントより、手作りのほうが断然美味しいに決まってますよね。このお団子も、美味しいお店のものは必ず手作り。じゃがいもの食感を少し残すような、荒めに擂ってある舌触り、そして手で丸めたちょっと不格好な球形、何よりもプリプリ、ネトネトした感じ。アツアツのできたてをナイフで2つに割ると、ほわ〜っと湯気が広がる。そして、これを肉料理のたっぷりかかっているソースにからめていただく、あ〜〜生きててよかった、という瞬間です。

・・・という妄想をいだきながら、昨日お昼は、このドイツから持ち帰った「インスタントじゃがいも団子」が、もう賞味期限が切れていたので、あわてて4つも食したわけでした(ふつうはありえないことです・・・悲)。インスタントといっても、さすがじゃがいも料理の種類はかなり多く、団子以外にも、ピュレーやフライドポテトなどが何十種類もスーパーに並んでるんです。毎日じゃがいもをすりすりしているような暇のない働く主婦などは、こういう便利なものを使うんですね。
この写真は完成品ですが、乾燥した材料がすでにひとつひとつの団子として、小さい穴がたくさんあいた球形の樹脂に入っていて、それをしばらく塩水につけ、そのまま鍋ごと火にかけ、沸騰させたらしばらくそのまま漬けておく、という簡単なもの。その樹脂は手で簡単にちぎれるので、そのままツルンとお団子が出てくる仕掛け。

味は・・・・ん〜、マズくはない、それなりに美味しいですが、やっぱりインスタントの味がするんですね〜。ドイツのインスタント食品って、どれもふしぎと「マギー」の味がするんですよ。「マギー」って、あのブイヨンのマギーです。違う料理なのに、きっとみんなマギーを使ってるのね・・・ってバレバレ。
おまけに今回は、これに似合うソースもなく、ケチャップと「ブルドック中濃ソース」をちょっとずつかけていただきました・・・・なんだか「1ヶ月1万円生活」のロケみたいでした(涙)。

嫌いな食べ物(食べられないもの)がない私、「好きな食べ物」も数えきれないくらいありますが、やはりドイツの食べ物は大好き。私個人の印象ですが、北よりも南のほうが美味しい「ドイツ料理」が食べられる気がします。学食も同じ傾向で、断然味が違う!
美味しいドイツ料理が食べたい方は、ぜひ南ドイツへどうぞ!それもミュンヘンのような大都市の、観光客向けの大きな店ではなくて、ちょっと小さめのニュルンベルクとかヴュルツブルク、レーゲンスブルクなどの街にある、地元の人がよく行くお店なんかがおすすめです。

あ〜、こんどは絶対に、じゃがいも擂って作ろうっと!e0081334_2145230.jpg
[PR]
Commented by がたまり at 2005-09-25 14:18 x
うわ~食べたい!じゃがいも大好きなんですよ!
実は私も、茄子とじゃがいもは好きな野菜上位3位に入ってます☆同率1位です(笑)両方とも、どういう調理をしてもおいしいですよね。
私絶対ドイツに住んでも食生活は困らないと思います^^むしろ、毎食じゃがいもは幸せ。
Commented by saskia1217 at 2005-09-25 14:44
がたまり様
わはは。結構キテますね〜?ドイツの食生活が身体に合ったっていうとみんなに冷たい目で見られるのは何故だろう(悲)。最近のドイツ人は必ずしもじゃがいもだらけの食生活でもない(なんだか妙にヘルシーに憧れて、玄米ご飯とか全粒粉パスタとかやってみようとする・・・で、おやつに生クリームもりもりのアイス食べたりしてる・・笑)けど、やっぱり芋の割合は多いと思うな。日本のほくほくしたじゃがいもも、ドイツの粘り気のあるやつも、それぞれ美味しいよね〜。
Commented by mjfh0916 at 2005-09-25 20:31 x
遅ればせながら、お引越しお疲れ様でした。ご愛用のチェンバロですか?とってもきれいですね!さて、じゃがいものなんとも気になるお話。私もほうれん草のクヌーデルというのを頂いた事がありますが、当時はお料理なんてちーっとも興味のない時期でしたので、作り方を聞いてびっくり!だって、日本のじゃがいもだと水分が多くてべちゃべちゃじゃないですか?手作りでもこんなに丸くなるモンですか?小麦粉かなんか入ってるんですか?ぜひとも詳しくお聞きしたいでーす!
Commented by saskia1217 at 2005-09-25 22:46
mjfh0916様および皆様

代表的なKnoedelのレシピはこちら(日本語。文中に出てくる「Pfanniのインスタント」というのが、まさに私が作ったものです)
http://www.geocities.jp/deutschebaeckerin/EUKitchen/Kartoffelknoedel.html
お試しあれ!

いろんなKnoedelの写真
http://www.at-jp.com/rezepte/knoedel.html
by saskia1217 | 2005-09-25 02:15 | くいしんぼうメニュー | Comments(4)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217