今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

影響

e0081334_2347061.jpg

豚肉は疲労回復にいいらしい。
疲労はしていないのだが(笑)、映画「かもめ食堂」に出てきた生姜焼きがあまりにも美味しそうで、いつまでもその残像が脳裏から消えないので、本当に久しぶりにお肉を買ってきた。
ここのところ、お肉は殆ど食べない食事傾向だったのだが。
不思議なもので、好きなものでも食べなくなると、そのうちにそれほど食べたいと思わなくなる。
でも「かもめ食堂」に打ち勝つ人はきっといないだろう(笑)。
シャケの焼いたのも、おにぎりも、シナモンロールも、そして手でお湯を注いでいれるコーヒーも、例外なく自分の目の前に欲しくなる。

というわけで、映画でフードコーディネーターを務められた飯島奈美さんの料理本に出ていた作り方で「豚肉の生姜焼き」。
豚肉はタレを絡めずにまず少量の油で焼き、フライパンに溜まった油をお肉をよけてキッチンペーパーできっちりと取って、そこで初めてタレを入れて絡める。
油をとることで、タレの味も薄まらずにムダなく絡まるし、お肉がふにゃふにゃにならない。
おいしゅうございました!
[PR]
by saskia1217 | 2009-08-29 23:48 | くいしんぼうメニュー | Comments(2)
Commented by kintasan at 2009-08-31 23:28 x
先日はありがとうございました~。
お料理、いつも美味しそうですね♡お肉は、あまりお召し上がらないのですか?なのに、パワフルな演奏が出来るのは、ヨガのせいでしょうか?
今度、その秘密もお聞かせ下さいね♪
Commented by saskia1217 at 2009-09-03 00:44
どうも、こちらこそ。
お肉は基本的に大好きなのですが、最近はあまり食べていません。
食事の傾向が変わると体力とか演奏とか、やっぱり変わったりするんでしょうかね?
ただ以前は、本番や試験やコンクール前夜はまるでジンクスのように必ず「ステーキ」焼いて食べてましたが、その結果(効果)は魚を食べても野菜を食べても、あまり変わらないような気が今となってはしています(笑)。
きっとそれって「本番前ドーピング(リゲインとかリポビタンとかアリナミンとか)と同じで、私の「得意」なプラシーボ効果だったんでしょうな。
結局は「気合い」なんでしょうね。