浴衣考

ここ数年、ユニクロなどの功績もあってか、夏に浴衣を着る人が多くなった。
ステキなことだ。

昨日は仕事で湾岸近くに行っていたが、東京湾大花火大会のせいで、駅も道もお店も浴衣姿の人でいっぱい。男性もかなりいたけれど、それと比べ物にならないくらいの数の浴衣女子の波に圧倒された。

でも、ラッシュ並みのその数のせいだけではなく、かなり「暑苦しかった」のである。
ええ、その姿が。

時代遅れだと言われてもかまわない。
どうしても許せないのだ(笑)。
バッチリ巻き髪の金髪or茶髪の盛り髪にリボンや造花を載せ、きらきらラメのスプレーで固めた頭。
エクステのボリュームまつ毛にマスカラ、ぼってりルージュ。
浴衣の胸元にはまたまたラメ。
手足にはどぎついネイルの色。
おはしょりが出来てないお腹のあたりに、成人式ですかというくらい太くて立派な帯(あの帯締めも流行りなんでしょ?)。
造花ごてごてのカゴバックに、手にはデコった携帯。
そして・・・
帰路には半分くらい減っちゃうんじゃないかと思うくらい、下駄をズルズルひっかけて歩く。

うわ〜。
キモチワルイよ〜。
浴衣はやっぱりスッピンだろう、スイカとかラムネだろう、やっぱりこう、もっとうす〜い感じだろう、石けんとか蚊取り線香の香りだろう・・・
なんだろう、このムカムカ感。
花火中継のテレビ番組の面々とか、旅番組でメイクして温泉に浸かってる女優さんを見てるのと同じ感覚。

いいんです、遅れてるよ、って言われても。
昭和の人間ですから。
[PR]
Commented by Tsuyoshi Ono at 2009-08-10 00:43 x
お仕事場帰りの海岸近くの状況は私も拝見してました。
私は、asamiさんの素敵な演奏を聴きたかっただけだったので、演奏が終わった後、花火には目もくれず、一目散に花火客が行く方向と逆方向に帰路に向かいました。すれ違う人たちの様子は上のasamiさんの報告とおりの人、けっこう目に付きます。暑苦しくて、こんな人たちのそばでは一緒に鑑賞できないよとも思いました。またこんなに人が大勢集まるところはさらに暑苦しさが増大するんでしょうね。ということで、人でごった返している駅構内を突っ切って、地下鉄に乗り込み帰りました。そして家に帰ったら、暑く苦しく、のりぴーの逮捕関連のニュース一色。こういった人たちで、世の中を、ねじ曲げているんだなと、空しく感じてしまいました。
今の私は、それはそれとか言いようがなく、ぜんぜん事象が違いますが、暑苦しさから開放された癒しの音楽を求め続けたいと思っています。
Commented by mjfh0916 at 2009-08-12 21:15 x
あーーー、私も言い出せずにおりました。そうですそうです。
レースの伊達襟をつけるなら洋服にしなさい。その花は和服にはあいません。同じく茶髪も。。。。
気軽に着れるから良いのですが、あのパリッとした中にも豊かな風合いをかもし出している本物を見るチャンスはなくなりましたね。どれも外国でミシンで大量に縫われたものなんですよね。残念なことに私自身着付けも仕立てもできず、和服を外国で作らざるを得ない状況を見ているだけの存在ですが。
Commented by saskia1217 at 2009-08-12 23:30
mjfh0916さま
私も和裁などできませんが(中学の家庭科でたしか浴衣を縫わされましたが・・・提出物の仕上げを縫ったのは当然ワタシではありません・・苦笑)、どうしても昔から見てきた浴衣のイメージは根強いです。
諸事情で浴衣が外国製であったとしても、それを着るのは今でも「日本人」に他ならないですからねえ。
by saskia1217 | 2009-08-09 23:19 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30