♪あ〜あ〜、ああああ、あ〜あ♪

e0081334_2219715.jpg

沢山の用事をかかえて池袋へ。
いくつかのデパート、ショッピングセンターをハシゴして飛び回る。
文房具売り場で用を済ませたついでに、たまたまフッと思いついて、その1階上のスポーツ用品売り場に夏用のジャージを見に寄る。
・・・すると、同じ階の「屋上」にものすごい人だかり。

あ。
ステージには・・・
さだまさしさん。

お〜。
すっごい偶然。
なんでも、ニューアルバムが昨日発売だったそうで、そのイベントらしかった。

さださんの姿や声は、私には本当に「懐かしかった」の一言。
グレープ時代、そしてソロになった後、ヒットが続いたあの頃は中学高校くらいだったろうか。
じつは妹が彼の熱烈なファンだったため、何年間も、来る日も来る日も、一日中、私たちの部屋ではさださんの曲が鳴っていた。
私もそれなりに好きだったので別に文句も言わなかったのだが、おかげであの何コーラスも続くさださんの曲(10分以上の曲なんてザラだったのではないか)を、膨大な曲数、一言一句自然と覚えてしまったのだ(笑)。
当時、妹は「さだまさしのセイヤング」のハガキ投稿(当時はメールなんか無かったですからね)の常連で、何度も読んでいただいていたり。また、さださんの故郷である長崎が水害に遭った時は、そのチャリティーコンサート(中野サンプラザ)を妹と一緒に聴きに行き、ちょっとしたご縁があって楽屋にさださんを訪ねお話させていただいたこともあった。
その後何年も経って、妹は仕事でさださんとステージで共演することもあったとか。
なんかちょっといい話ぢゃないですか。

そんなわけで今日は「ひさしぶりにライブで歌が聴ける!」としばらく眺めていたが、さださんのトークはいつものように滔々と流れ続け(笑・・・なんだかほんのりと「きみまろ」さん風なテイストだったのは何故?最近のさださんはそうなのですか?)、なかなか歌が始まらず・・・。
やっと、ギターを弾き始めながら始まったのは「北の国から」・・・・おい〜。
それもお客さんと「一緒に歌うコーナー」っぽかったから、さださんの声はあんまり聴こえず。

次なる用事も控えていたので、残念ながらその場を後にする。
でもあの「トーク全開」っぷりもいかにもさださんで(だってイベントのネーミングが「トーク&ミニライブ」だもの)、あまりの懐かしさにちょっと胸がじ〜んとした。

かなりのお客さんが集まっていたが、平日午後だったこともあるのか、若い人は少なかったようだ。
さださんの写真のついた団扇を手にひしめき合うように声援を送っていらしたのは、すごい数のおばさま達。(って・・・・私と同じ年代ですよね、たぶん)

嗚呼。
昭和は遠くなりにけり。
e0081334_2252423.jpg

[PR]
Commented at 2009-06-12 16:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saskia1217 at 2009-06-12 21:52
そんなことがあったんですか・・。
私がさださんの歌を熱心に聴いていた頃が、たしかご結婚されお子さんが生まれた頃くらいかな〜と記憶しています。

・・・って、この話も年月を感じさせるな(苦笑)。
Commented by 馬酔木 at 2009-06-12 22:56 x
うっ、うらやましい~! さだまさしファンサイトでは、数日前から、このイベントに行けるかどうかで賑わっていました。私自身は本来休日の曜日だったのですが、臨時に仕事が入り、行けませんでした。くすん。
「セイヤング」は終盤数年のリスナーでしたが、投稿したことはありません。常連さんだったなんて、しかも、後に共演しただなんて、妹さん、すごいですね。ラジオ・ネームが何だったのかお聞きしたいです。
Commented by saskia1217 at 2009-06-12 23:28
あ。
そういえば・・馬酔木さま、ファンでいらっしゃいましたよね。
思い出しました!(笑)

それはもちろん、ファンにとっては大きなイベントだったことと思います。
いらっしゃれなくて残念!
私みたいな不熱心な昔ファン、それもまさに偶然だったので・・勿体ない話です。

妹のラジオネーム、何でしたっけね?
忘れてしまいました・・・本名だったような気もするし。
ただ、後に出版されたトーク本の中にも出てくるみたいですよ。
上記の「長崎チャリティ」のライブでのトークにも、なんと妹投稿のネタが話題として披露されたという偶然も・・・。そのくだりもたしか本に載っていたような気がします。
あまりにも昔のことなのですっかり忘れていました(笑)。
by saskia1217 | 2009-06-11 22:57 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(4)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217