よォーこそ



なんて愛に溢れた曲なんだろうと思う。
お客さんにも、仲間にも、自分にも向かうココロ。

自分のコンサートを、こんな溢れるキモチを音にのせて始められたら、
どんなに、どんなにいいだろう。
うううううう〜ん。
やって・・・やってみたい・・・・。

ウェルカムソング・・・
っていうんですかね。
エレカシでいえば「夢を見ようぜ」にあたるのかな。
このオープニング、残念ながら私はまだ、実際のコンサートでは経験してないのだけど。
(♪へェイへェイへェイ♪だけでこれだけ音楽しちゃう人もあんまりいない・・・)


今夜NHKで放送した清志郎さんの特番。
録画もしていたのに、何故かリビングで立ちっぱなしでみた。
ラストの「JUMP」で涙がとまらなかった。

1曲の歌詞を完成させるのに、大学ノート3冊を使ったという話。
歳をとってからの清志郎さんの語り口はじつに穏やかだが。
(誰かの話し方にちょっと似ている、と思って考えた・・・近藤良平さんだ!)
やっと、やっと出会えたばかりだったのに、ライブも聴けないうちにお別れか・・・。

日本語!!
叶わないな、もう。
言葉を持つ「歌」というものには叶わない、と日本のロックが大好きになって増々思う。
それも、素敵なメロディーで、かっこいいリズムで、色とりどりのハーモニーで、
そしてこれ以上楽しいことはないっていうマックスのエネルギーで、
自分の中にはもう何も残らないくらい、ド〜〜〜ンと。

伝える、伝える、伝える。

「メッセージ」がなかったら、人の前で音を出す必要なんて微塵もない。
そんなのクズ同然だ。

う〜ん、出してみたい!!

日本語で詞を書いて、素敵な音楽を書いて、それを全部全部出して、弾いて歌って。
そんな男性ロックミュージシャンになりたい。
生まれ変わったらね。
本気で心底そう思う。
(今まで、いや今も女に生まれて嫌だと思ったことはないけれど、コトこれに関しては、ゼッタイ男でありたい。
何故だかは説明できない。
けれど、どうしても、だ。
女のロックミュージシャンがいけないわけじゃない。でも、なんか、何かが違うんだ。
私が思うのは、そうじゃないんだ。)

なれる?
いや、なる!!
生まれ変われたら・・・ね。
[PR]
by saskia1217 | 2009-05-11 01:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)